2014年07月10日

3DSユーザー待望のシリーズ最新作『マリ

12月期最初のソフト販売ランキング(集計期間: 2011年11月28日~12月4日)は、3DSユーザー期待の新作『マリオカート7』が1位を獲得しました. シリーズ7作目、携帯ゲーム向けでは3作目となる今作. 販売実績は推定42.2万本(店頭消化率70%前後)で、Wii版の初週実績59.1万本(累計325.1万本)には届きませんでしたが、DS版の22.2万本(累計378.3万本)を大きく上回る順調なスタートを切っています. DS版とWii版は、ともに300万本超の大ヒットを記録しています. 3DS版が今後どこまで数字を伸ばせるか、注目ですね. 2位には、アーケードで人気を博した同名アクションの移植作、PS3『機動戦士ガンダム EXTREME VS.』が初登場. 据え置き機では5年ぶりのリリースとなるシリーズ最新作の販売実績は、推定33.8万本(店頭消化率70%前後). ガンダムファンやアーケードファンを確実に取り込み、2006年12月にPS2で発売された『機動戦士ガンダムSEED DESTINY 連合 VS. Z.A.F.T.II PLUS』(発売週30.1万本/累計49.5万本)を上回る、安定した力を見せつけました. また4位には、全世界で累計3,000万本を超える販売実績を誇る人気アクション『アサシン クリード』シリーズの最新作『アサシン クリード リベレーション』のPS3版がランクイン. 販売実績は推定3.5万本と、前作『アサシン クリード ブラザーフッド』(発売週3.5万本/累計7.7万本)とほぼ同じような出足を見せました. この他の新作では、『ドラゴンクエスト』シリーズと『スーパーマリオ』シリーズの人気キャラクターが共演するWii用ボードゲーム『いただきストリートWii』や、シリーズ14作目となるDS『パワプロクンポケット14』、『仮面ライダー クライマックスヒーローズ フォーゼ』PSP版といった人気シリーズの最新作やキャラクター作品がトップ10内に初登場. 旧作では、3位の3DS『スーパーマリオ 3Dランド』が安定した動きで累計販売数を62.5万本まで伸ばしています. MBT 激安 (アスキー総合研究所) 順位 前週 機種 タイトル名 メーカー 発売日 推定 販売数 累計 販売数 1 - 3DS マリオカート7 任天堂 11/12/01 422,459 422,459 2 - PS3 機動戦士ガンダム EXTREME VS. バンダイナムコゲームス 11/12/01 335,890 335,890 3 4 3DS スーパーマリオ 3Dランド 任天堂 11/11/03 73,200 625,346 4 - PS3 アサシン クリード リベレーション ユービーアイソフト 11/12/01 35,338 35,338 5 1 Wii ゼルダの伝説 スカイウォードソード 任天堂 11/11/23 34,211 236,222 6 - Wii いただきストリートWii スクウェア・エニックス 11/12/01 31,510 31,510 7 12 Wii 星のカービィ Wii 任天堂 11/10/27 25,312 277,201 8 - DS パワプロクンポケット14 KONAMI 11/12/01 25,154 25,154 9 2 PSP セブンスドラゴン2020 セガ 11/11/23 23,865 135,962 10 - PSP 仮面ライダー クライマックスヒーローズ フォーゼ バンダイナムコゲームス 11/12/01 22,625 22,625 (アスキー総研調べ) ※カラーが付いているものは、今週の新作タイトル. ※本データに関するお問い合わせは アスキー・メディアワークス まで.
posted by NaraKasumi at 06:59| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。