2015年09月29日

GoW 3』のレセプシ香田知重ョンパーティに潜入

イメージエポックは、10月4日に発売するPSP用ソフト『ソールトリガー』の店舗別予約特典の描き下ろしイラストを公開した. 本作は、魂の力"ソール"を放出することで奇跡を起こす、選ばれた戦士たちの物語が描かれるRPG. "ソール"を失うと、キャラクターは戦闘から離脱. パーティーで共有する"ソール"を注ぐことで復活可能だが、貴重な資源を失うことになってしまう. キャラクターデザインは曽我部修司さん、シナリオは野島一成さんがそれぞれ担当している. アニメイト いまじん/いまじんWebショップ WonderGOOゲーム取扱店/eWonderGOO ゲーマーズ COMG! ソフマップ/ソフマップドットコム 公式サイトには、イメージエポック代表・御影良衛さんのコラム"ソールトリガーについてアレコレ書きます! "の連載もスタートしている. こちらもあわせてチェックしておこう. KONAMIは、2月9日に発売したPSP用ソフト『幻想水滸伝 紡がれし百年の時』に関連した企画"星々の語り場"の第4回を、本日2月23日に開始した. "星々の語り場"はTwitterを使い、『幻想水滸伝』シリーズにまつわることを一問一答形式でつぶやく企画. 題目は毎週変わり、第4回となる今週は"パーティを組む時にキャラを選ぶ基準は? "という題目になっている. この企画にメッセージを寄せた人の中から抽選で、『幻想水滸伝 紡がれし百年の時オリジナルサウンドトラック&ドラマCD』が贈られる. これは、主題歌『The Giving Tree(ゲーム・サイズ)』を含むサウンドトラック集と、豪華キャスト陣によるオリジナルドラマが収録された3枚組のCDだ. 第4回のプレゼント受付期間は、3月1日 9: 59まで. 『幻想水滸伝 紡がれし百年の時オリジナルサウンドトラック&ドラマCD. 米国現地時間6月7日夜、ロサンゼルス市内で関係者を招いた、Xbox 360『ギアーズ オブ ウォー 3(GoW 3)』レセプションパーティが行われた. 『ギアーズ』といえば私YK3(というほどではないが)ということで、慣れないタクシーに乗って会場に向かいます. 中に入ると、いきなりクールなTシャツに身を包んだこわもてのおじさんがお出迎え. あいさつでも... と思って近づいたらマネキン! ちょ、いきなり出鼻をくじかれました. 係の人によると、帰りにお土産としてそのクールTシャツを持たせてくれるんだとかで、がぜんテンションが激上がり. 地下のホールに向かうと、あちこちに『GoW 3』に関連した飾り付けがされていて、お店のもともとの装飾と相まってそれっぽい雰囲気になっていました. しかし私のお目当ては『GoW 3』の試遊. ぐるっと見回してみると、何カ所かにマルチプレイの試遊コーナーができていました. 本当はE3の会場でプレイしたかったのですが、ものすごい列ができていてプレイを断念したんですね. プレイしている人の後ろで、早く遊ばせろオーラを放出していたら、係のお兄さんが「あんたプレイしたいのかい? (たぶんそう言ってる)」と話しかけてきたので「Yes! 」と元気よく答えたら、「あっちのコーナーなら遊べるぜ(たぶんそう言ってる)」と、空いている試遊コーナーに案内してくれました. お兄さんありがとう. あんたの言ってることの3割くらいしか聞き取れなかった私を許してくれ. 間もなく私の番が回ってきて、いざプレイ! 今回は5人協力して攻め込んでくるローカストを倒していく"ホードモード"をプレイすることに. 『GoW 3』ではプレイヤーがローカスト側になる"ビーストモード"も搭載されるとのことなので、今からとても楽しみなんですが、ホードモードでも楽しみがありますよね. そう、女性キャラクターを操作できるようになったことです. あこがれの(? )アーニャでローカストどもにドSぶりを見せつけてやりたいところですな. このモードでは敵を一定数倒すと1つのウェーブがクリアとなり、ウェーブ数が増えてくると強い敵が続々と投入されてくるという仕組みになっています. E3バージョンでは全部で10のウェーブをクリアすると終了となり、次の人と交代する流れになっていました. 各ウェーブで倒した敵の数などにより、トークンというお金が入りますが、それを使ってトラップや機銃などを使えるようにして戦いを有利に運ぶことが可能です. それぞれがお財布を持っていて、ウェーブの終わりにお財布にお金が入ってくるようなイメージですが、1人ではお金が足りない場合、そばに行ってお金を分けてあげることで、協力して各種兵器を有効化していくことができるんですな. 戦闘だけでなく、こういうところでも協力できるというのは、なかなかおもしろいです. 操作感はこれまでと大きく変わらないので、前作までプレイしていた私はすぐに戦闘に参加. アクティブリロード(特定のタイミングでリロードすることで、時間を大幅に短縮することができる)も特に変わっていなかったので、バシバシとパーフェクトリロードをかましてやりました. ただ誤算は、ここが『GoW 3』のパーティだったということ. ウェーブごとに活躍順が表示されるのですが、私のような生半可な腕ではビリかブービーが精いっぱい. 順位が低いともらえるトークンも少ないため、あまり兵器を有効化させてあげられず、肩身の狭い思いをしました. そうこうしているうちに、近くにあったステージでは人気アーティスト・アイス-Tのライブが始まりました. 私も名前だけは知っていましたが、現地での人気も高いので会場は大盛り上がり. 『GoW 3』の世界観にぴったりの音楽に酔いしれましたわ. 飲んで食ってゲームしてライブ見てと、その後に書かなきゃいけない原稿がたんまり残っているのも忘れ、ひと時至福の時間を過ごすことができました. Tシャツももらったし. これで明日もがんばれる... かな. (YK3).
posted by NaraKasumi at 13:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。